システムトレードとは、ある一定の法則に基づいて機械的に売買を行うトレード手法のひとつです。 具体的には、システムにて買いのサインが出たら買いの注文を出し、システムにて売りのサインが出たら売りの注文を出します。 たったこれだけの、至ってシンプルな投資法です。 ただ、簡単なようですが、この売買のサインを導き出すためには、過去の株価や値動きのパターンといった膨大なデータから分析し、利益を上げられるかどうかの検証を重ねていかなくてはなりません。 それだけ、システムトレードの開発には、実は大きな労力が必要になるということになりますね。 初心者が株投資を行う場合には、ただなんとなく良さそうな銘柄を選んで、なんとなくのタイミングで売買を繰り返していくような投資を行ってしまいがちになります。 それよりも、過去のデータに基づいた有効なパターンによって売買が行えるシステムトレードの方が、利益を上げるチャンスも増えてくるのではないでしょうか。